その旨を伝達すれば

まず、ある人が破産を要請するまでの間では借金のある当事者に対しての電話を使用しての借金取り立てと、負債のある住所への訪問による取り立ては違反というわけではないということになっています。

とくに、自己破産の作業に入ってから申請までに長い時間がかかった際には債権者は強硬な集金を行う危険性が上昇します。

債権保有者サイドにとっては負債の払込もされずに、なおかつ破産などの正式な対処もされないという状態だと企業内部で対処をなすことができないからです。

債権人の過激なタイプは法律家に連絡していないと知ったならなかなかきつい取り立て行為をやってくる業者もいます。

司法書士法人および弁護士団体にアドバイスを求めた場合は、各債権保持人は借金した人に対しての直接取り立てを行うことが認められません。

頼みを受けた司法書士法人か弁護士は業務を受任したという意味の通知を各取り立て屋に送ることとなり、各取り立て業者がその文書を見たのなら返済者は債権者からの激しい集金から放たれるのです。

なお、取立人が勤め先や故郷へ訪問しての返済要求は法律の条項で禁止となっています。

貸金業で登録されている会社であれば故郷へ行く返済要求は法律に反しているのを気づいているので、違反だと言えば、そういう収金をし続けることはないでしょう。

自己破産の申請の後は、申請者に対しての収金を含め、例外なしに取り立ては許されなくなりますから債権者による支払い要求がすっかりなくなるわけです。

しかしながら中にはそれを知りながらやってくる取立人もいないとは思えません。

登録している企業であれば、自己破産の申請の後の集金が貸金業法の条項に違反しているのを知っているので、その旨を伝達すれば、取り立てを続行することはないと思います。

ただ、法外金融と言われている未登録の業者に限ってはこの限りではなく危険な取り立てが原因の被害事件があとを絶たないのが現状です。

違法金融が取立人の中にいる可能性があるときにはどんな理由があれ弁護士の人それか司法書士法人などのエキスパートに依頼するようにする方がいいといえます。

Link

Copyright © 1996 www.cuba366.com All Rights Reserved.