www.cuba366.com

書籍の広告、スポーツ新聞、街中に貼られたビラやダイレクトメールなどで、「多重債務の整理手伝います」「多重負債をまとめましょう」などといった売り文句を目に入れることがありますよね。このようなものは、「整頓業者」「買取専門屋」「つなぎ業者」という名称の悪徳会社の広告の場合もあったりします。こういったものを申し込んだ場合では破産手続きの中で一番大切な免責許可を得られない可能性が存在します。「整頓屋」は負債者をおびきよせ、すさまじい代金を要求して借金整理を行いますが実際のところ債務整理は行われず、依頼者はさらに負債スパイラルにはまってしまう場合がほとんどと予想されます。「買取業」とは債務者のローンでデジタル用品、何らかの券などを多量に仕入れさせ債務者からその品目を値段の30%あるいは半値で購入するという手口です。債務者は小金が得られますが、まもなくクレジット企業から買ったものの定額の督促が届き、実際は負債額を増大させることになってしまいます。このときはカード業者に対する詐欺行為として免責をもらえません。「紹介屋」では有名な貸金から断られる借金者に関して、業者としては資金提供は一切せずに、金貸しを可能である違う企業を紹介して、法外な料金を出させる会社です。直接の紹介で融資可能になったかのように話しますが、本当は何もしておらず、ただ単に審査のゆるい業者を把握しているというだけなのです。債務額を拡大させる結末となります。

Link

Copyright © 1996 www.cuba366.com All Rights Reserved.